トヨタの期間工、福利厚生はどうなっているの?

世界に誇る日本の大企業トヨタ。

その期間工としてお仕事をする場合、福利厚生が気になりますよね?

この記事では、トヨタで期間工をする場合に受けられる福利厚生についてまとめてあります。

基本的に社員と同等の福利厚生が受けられる

トヨタの期間工は契約社員という扱い。

なので、普通の社員と同じように福利厚生が受けられます。

寮費や寮での光熱費が無料

入寮時の初期費用や家賃・光熱費などもすべて無料です。

寮には食堂が完備されていて、栄養バランスがとれた食事が安く食べられます。

仕事が終わってからの自炊はしんどいですもんね・・・。肉体労働後ならなおさらです。

食事をきちんととらないと、健康にも良くないですし、もっと悪いと精神的にも悪影響が出てしまいます。

また、寮はワンルームの個室で、寝具一式に冷暖房機器、テレビや冷蔵庫も完備。

着替えや最低限の私物だけ持ち込めばすぐに暮らせるよう、最大限に配慮がされています。

社会保険完備で安心

トヨタの期間工は、社会保険もすべて完備。

社会保険(雇用・健康・介護・厚生)に加入できますから、そういった部分でもあまり心配ごとが少なく済みます。

通勤は徒歩か専用バス

寮から職場までの距離が近いことが多く、徒歩でも通勤できます。

勤務地によっては距離があることもありますが、無料の送迎バスがあるので通勤で困りません。

契約期間は最短3か月、満了後の再赴任もOK

契約期間は最短3か月です。

ただ満了時に契約更新の打診があれば、更新してもっと長く働くこともできます。

一度に継続してお仕事できる最長期間は2年11か月まで。

また、契約満了後に再び就業することもできますが、前回の契約満了から最低6か月待つ必要があります。

6か月以上働いて契約満了したあとに再赴任をすると、経験者手当が付きますし、基本給など優遇がある場合も。

トヨタの期間工は「正社員登用制度あり」

トヨタでは期間工は契約社員という扱いですが、「正社員登用制度」が設けられています。

2015年から2017年の3年実績で、なんと1080名もの期間工の方々が正社員に登用されました。

今や大卒でもこんな大手企業に正社員で入社するのは難しい時代。

期間工を経て正社員、というルートでのキャリアアップも夢ではありません。

製造ラインでの立ち仕事は、なかなかハードなもの。

それでも貴重な人材に安心してはたらいてもらうために、トヨタでは期間工の従業員にも万全の福利厚生を用意しています。

気になる人は、期間工専門の求人サイトなどで調べてみては?

コメント