期間工の面接、どんな服装で行ったらいい?

期間工になろう!いざ選考会!

でも、選考会(面接)の時に何を着たらよいか、ちょっと迷いますよね?

この記事では、「期間工の面接時、どんな服装で行くのがベストか」をまとめてあります。

これから面接を受ける人、期間工への応募を検討している人は最後まで読んでみてくださいね。

普段着はNGではないけれど・・・9割9分スーツが無難

たとえば大学の就職活動では「リクルートスーツでうんぬん」とよく言われているので、ほぼ迷うこともなくみんなスーツ着用ですよね。

期間工のお仕事も、確かにはたらき始めれば作業着ですし職場は工場ですが、面接は面接。

実際に選考会でも、ほぼ9割の人がスーツで参加しています。

メーカーによっては選考会や面接の時に体力テストをおこなうこともありますが、そこまで激しいものでもありませんのでスーツでOKです。

なかにはカジュアルな普段着で参加する人もいますが、ちょっと浮くのを覚悟しましょう。

服装で落とされることは無いけれど、企業は「社会的常識」を見ている

実際に服装がスーツではなかったという理由だけで不合格になることはないでしょう。

ですが、期間工のお仕事で企業が欲しい人材は「協調性があり、社会的常識がある人。

チームワークと責任感を持って作業にあたれる人」です。

そう考えたときに、おのずと「面接の時には何を着たらいいのか?」は分かってくるような気もします。

男性なら茶髪や金髪であれば黒く染め直してきた方がいいでしょう。

清潔感のある方が好ましいので、ピアスなどはNG。

結婚指輪以外のアクセサリーも外して臨みます。

女性も同じように、あまりに明るすぎる髪色は避けたほうがよさそうです。

清潔感が出るようにまとめ、華美にならないように。

また男女ともにタトゥーは一発アウトです。

集団での寮生活・工場勤務ですから、トラブルは持ち込みたくないのが企業の本音。

オシャレやファッションのつもりでも、タトゥーや刺青は反社会的勢力との関わりを疑われてしまうもののひとつです。

筆記用具など、忘れ物は無いように

期間工の選考会や面接では、なにかとメモをする場面もありますので、筆記用具はかならず持参します。

実際に選考会で待遇説明を受ける時に筆記用具を忘れた方が「そういう部分は確実にマイナスになりますよ」と、社員さんから注意を受けた、という口コミもありました。

こういう不注意が重なると工場ではミスや事故につながりますから、当然といえば当然ですね。

期間工の面接では、特に気負わずスーツで行けば間違いないでしょう。

コメント